YouTubeのフィッシャーズについて簡単に説明!

YouTubeのフィッシャーズとは?

youtubeのフィッシャーズとは日本人7人組でこうせいされた、にほんのユーチューバーです。UUUM所属であり、中学卒業時に結成されて、メンバー同士は同級生であります。卒業の記念に楽しいということを動画で撮ることを決めてから始まったのがきっかけで、その動画を保存しておく場所をユーチューブにきめ、その結果反響がでました。フィッシャーズという名前の由来は、メンバー同士、よく川であそんでいたことがあり、そのときに撮影した場所も川で、魚の様だったので、フィッシャーズというなまえにしたそうです。もともと8人で結成されたものの、一人はグループ内のルールを破ってしまったために、責任という形で脱退をしました。それから7人で今現在活動をしています。フィッシャーズのメンバーは本業をこの活動に専念している専業組と、ほかに本業をもちフィッシャーズを副業として活動している兼業組に分かれており、専業組は今現在2人で活動しています。フィッシャーズパークを動画で発表されることが決まり、オープンが一旦延期になったにもかかわらず、youtubefanfestで発表された日本国内トップトレンド動画で堂々と1位を獲得しました。

 

YouTuberフィッシャーズは何系の動画が多い?

youtubeフィッシャーズは基本的に代表作品のアスレチック動画やコメディ、チャレンジ、どっきりをテーマとして動画の投稿をよくしていますが、そのなかでも、メンバー同士で掛け合いをしながら自分らだけアドリブで進めるスタイルの作品が特徴となっています。例えば代表的なアスレチック動画では、他のユーチューバーがとりあげられることもあります。また、アスレチック動画の中で、自分で子供たちも遊ぶアスレチックに赴き、実際体験してみる、そして意外と体力を使ってしまう様なエクササイズな場所を紹介しながら、他のメンバーは水の中に落ちて水浸しになるという面白い場面も繰り広げられる、そんな動画をとうこうしたりもしています。はたまた大人でも子供でも見れる様な、たくさんのパンを買ってきてそれを全て食べきる企画をしたり、季節にそって、夏はサーフィンや海水浴、その中でも企画を忘れないで笑える様な動画をたくさんあげています。このように、フィッシャーズはどんなジャンルの動画でも趣旨があり、タイトルに沿ったものをたのしむことができます。ハラハラするような場面も見ることがあったりしますが、それもフィッシャーズの動画で結果はわらいのたえないものになります。

 

YouTubeのフィッシャーズの人気順

youtubeフィッシャーズの人気順は個人によって左右するものでもありますが、一位はシルクロード、フォロワー数が一段と多くの人からいただいているようであり、よく動画でもでていることから人気度があげられているかとおもいます。2位はンダホで、フォロワー数は約94万人。3位はマサイ、4位はぺけたん、5位はザカオ、6位はモトキ、7位はダーマ、となっています。フィッシャーズの動画再生回数は3億回も再生されているため、これだけ人気があるということが著しくわかります。また、メンバー全員が94,95年代生まれであるため、若者に人気のグループであり、親しみやすいのが理由でにんきなのではないかとおもいます。また、どうがとうこうだけではなく、歌や、テレビ出演など、最近は出演回数が増えているようで、これもメディアを使って人気になり始めたのではないかと考えられますが、やはり、1位のシルクロードさんと2位のンダホさんはよく2人で動画に出てるのも見かけるため、上位であるかと考えられます。