YouTubeのゆっくり実況は魅力的

YouTubeのゆっくり実況とは?

YouTubeのゆっくり実況とは、ゲームの実況プレイにSofTalkという文章読み上げソフトを使って音声を後付けして実況風にすることです。棒読みに感じる独特な雰囲気の音声で語られると、多少イントネーションが不自然であったり読み方が怪しかったりしても納得してしまう不思議な感覚に陥ります。ゆっくり実況だからといって、かならずしも実況プレイそのものがゆっくりというわけではなく、東方Projectというゲームから派生したアスキーアートタイプのキャライラストが由来です。「ゆっくりしていってね!!!」という派生イラストを指すので、音声の速度とは無関係です。読み上げ音声はYouTubeのゆっくり実況動画を作成する人により異なるので、中には超高速な読み上げ速度になっていても間違いではありません。一方、ゲーム実況においてキャライラストと合成音声の組み合わせにより、ゲーム実況をしている風の解説動画ならば同じくゆっくり実況に該当するので、必ずしもゲーム実況をしていなければならないという決まりは無くなっています。YouTubeでゆっくりのアスキーアートキャラとSofTalkによる合成音声読み上げで解説動画が作成されていさえすれば、ゆっくり実況として良いわけです。

 

YouTubeでゆっくり実況するために必要なもの

YouTubeでゆっくり実況するためには、ゆっくりのアスキーアートキャラが動画内に入れる必要があるので、アスキーアートキャラを組み込める編集ソフトが必要です。また、合成音声を後付けで動画内に挿入するために音声読み上げソフトのSofTalkも用意しなければなりません。解説実況している動画・編集ソフト・SofTalkという3点を最低限準備した上で、録画に必要なカメラと取り込みツール及び編集PCも必要です。全ての機材を用意した上で、撮影を行いSofTalkに読ませる原稿を作成してから実際に動画に音声を後付けします。何度も再生しながら編集ズレが発生していないかチェックすることになるので、実況動画と解説を読む原稿の秒数調整を何度も確認して微調整する地味な作業が待っているわけです。このため、ゆっくり実況をするためには収録時間と比較して何倍もの時間を要することになり、カメラ・PC・編集ソフト・SofTalkといった機材以外にも、編集する本人の粘り強さという精神力が時には必要になるでしょう。また、ゲーム実況だけでなく料理・旅行といった様々なジャンルに対する興味関心と解説動画を仕上げるだけの情熱を持ち続けることが何より大切です。

 

Youtubeのゆっくり実況者で有名な人と簡単な説明

YouTubeのゆっくり実況者として名前を知られている有名人は、たくっち・28・たこらいすの3名ならば多くの人に知られています。たくっち氏は、バカゲー・マリオメーカー・マインクラフトといったゲーム実況だけでなく人気のスプラトゥーンといったゲーム実況王道スタイルです。また、28氏は「ふたば」という読み方をしますが、マインクラフトを専門にゆっくり実況を数多く行っていることで知られています。一方、たこらいす氏は28氏と同じマインクラフトのゲーム実況が多いものの、他のゲーム実況も並行して行っており、自ら作曲したBGMをフリー音源として公開していることでも有名です。YouTubeのゆっくり実況者は、それぞれ得意分野を持っているので特定のゲーム実況のみに特化して専門性を高めることで再生数を稼いでいるケースが多くなっています。しかし、たくっち氏のように4本以上のゲームタイトルを詳しく実況するという本数重視タイプの人もいるので、複数のゲームタイトルをプレイし続けているゲーマーにとってもゆっくり実況を行い続けることは可能です。