YouTubeの事務所まとめ

YouTubeの事務所とは?

Youtubeの事務所があることをご存知でしょうか?Youtubeを見ると、いろいろなYoutuberが個人で活動しているように見えます。しかし実際には、多くの人気Youtuberが事務所に所属しているのです。多くのタレントは、ジャニーズ事務所や、お笑いの吉本興業などに所属していますよね。Youtuberの事務所とは、どんなものなのでしょうか。イメージとしては、タレント事務所に近いと考えていただいてよいかと思います。Youtuberのマネジメントやサポートを行っています。Youtuberは人気が出てくると、単に動画を製作するだけではなく、権利関係のもろもろや、イベント出演に関するもろもろなど、動画作成以外の作業も生じてきます。そういった作業をサポートしてくれるのが事務所なのです。有名Youtuberである、はじめしゃちょーやヒカキンもUUUMというYoutuber事務所に所属し、活動をサポートしてもらっています。もちろん、事務所に入るメリットがある一方で、デメリットもあります。本記事では、Youtubeの事務所に入るメリットやデメリット、どんな事務所があるのかを解説していきたいと思います。

 

YouTubeの事務所に入るメリットとデメリット

それでは、Youtubeの事務所に入るメリットとデメリットについてご説明します。・メリットまず、一番大きなメリットは、企業案件を紹介してもらえることでしょう。企業案件というのは、企業からお金をもらって、商品などの紹介をする動画を製作することです。Youtubeを見る人が増えているので、広告費を払って動画を作ってほしい会社が増えているんですね。企業からすると、直接個人に依頼するよりも、事務所を通すことで安心感が得られます。次に大きなメリットは、事務所から動画作成のノウハウを受けられることでしょう。多くのYoutuberをサポートしているために、人気のある動画をどう作ればいいか、事務所はたくさんのノウハウを持っています。・デメリット次にデメリットとしては、当然ですが事務所が利益の一部を取り分とするために、Youtuberの利益が減ることです。事務所のサポートを受けることで増える収益が、事務所に渡る収益を上回るのか、天秤にかけて考える必要があります。また、事務所の体裁があるので、あまり問題になるような「攻めた」動画は作りにくくなるなど、人によっては、制作内容に制限が生じてしまう可能性もあります。

 

Youtubeの事務所一覧と簡単な説明

それでは、代表的なYoutubeの事務所をご紹介します。・UUUM(ウーム)まず、一番有名なのがUUUMです。はじめしゃちょーや、ヒカキンも所属しています。そもそもの設立が、ヒカキンとの出会いが発端となっています。Youtuberの悩みを知るうちに、彼らのサポートをしたいと2013年に立ち上げられた会社です。現在は東京証券取引所マザーズ市場に上場しています。Youtube人気に伴い、株価も上昇しています。・UUUMネットワークこちらは2014年にUUUMから立ち上げられました。UUUMを一軍とすれば、こちらは二軍的な扱いです。それぞれのYoutuberの活動環境を改善するサポートやサービスを行っています。・GENESISONEこちらは、2012年に設立され、ワタナベマホトが所属することで有名でした。2018年11月に、すべてのYoutuberがUUUMに移籍ないしは退所することが発表されました。